これまでに作った機能について簡単にまとめていく。

今回は、

fakerを使ったシードデータの作成

使用モデル

今回はログイン機能作成の際のUserモデルを使用
ログイン機能はこちら

Userモデル

カラム データ型
1 name string
2 email text
3 password_digest string

Gemの導入

作成データの設定

db/seeds.rb

fakerで使用できるメソッドはREADMEより参照

シードデータの作成

以上で作成完了