これまでに作った機能について簡単にまとめていく。

今回は、

デフォルトのエラーページの編集

エラー画面の確認

変更前
config/environments/development.rb

変更後
config/environments/development.rb

開発環境で本番環境と同様のエラー画面を表示するように変更

デフォルトのエラー画面を編集

以下を編集する
public/404.html(ページが存在しない場合のエラー)
public/500.html(サーバ内部のエラー)

以上で作成完了